読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もりおのゲーム記録

ゲームの記録をちらほらと

【パワプロ2016ペナント】2:投手先発起用方針

パワプロ2016ペナント】:主にオーペナ用のデータ検証です。

自分の備忘メモに過ぎなかったり。。。。

 

オーペナをするにあたり、投手は大事です。まぢで。

 

野手は割とパラメータがわかりやすく、それに特能を乗せれば

それなりの働きをしてくれるんですが、

投手はですね、何をもって活躍するかがイマイチ分からない。

PS2時代ですと、球種3つにするだけで大活躍できるとかあったんですが

近作は球種もインフレ気味で、なかなか多球種=活躍とはいきません。

 

それでですね、パワプロには先発投手の起用設定があります。

今回は、この設定で使えるのがあるかなーという点から検証していきたいです。

 

おそらくこれって、人によってさまざまだと思うんですよ。

スタミナA=完投、D=勝利投手で、パラに沿う人もいれば、

調子次第で全員固定という人もいると思います。

 

これをそれぞれ先発全員の起用固定をして一年回し、

検証していきたいと思います。条件は↓

・2016ロッテ初期データ

・先発6人全員の起用固定

・成長なし、けがなし、スランプなし

・調子は全球団ふつう固定

 

ではまず「完投」から~

チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
70 66 3.47 2 88

うん、まあまあいいんじゃないでしょうか。

先発6人とはいえ、規定が2人というのは少し気に入りませんけどね。

 

では次に「調子次第」

チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
64 71 3.99 1 86

一気に落ちましたね。調子ふつう固定というのもあるのでしょうかね。

それでも4点近くはねえ。

 

では次に「スタミナ限界」

チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
57 81 3.88 2 78

これもイマイチですね。

 

では次に「スタミナ温存」

チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
78 60 3.15 1 86

これはいいですね。こんな良いとは思いませんでした。

僕は全然使ったこと無かったんで。

 

では次に「勝利投手」

チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
57 81 3.83 0 96

これは論外です。うんこです。規定も乗らないわ、防御率も悪いわ。

先発6人目とかで使うならいいかもしれませんけどね。

 

最後は「おまかせ」

チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
68 70 3.32 2 83

これも意外。とてもいい!

僕はおまかせは全く使ったことありませんでした。

だって誰をどう使うのか意味わからんし。

でも、この結果を見る限り、そんな変なことはなってないですね。

 

では最後に、優秀だった起用法を再度試してみます。
次は、交流戦を先発5人(二木選手を中継ぎに)にして
それなりに現実に近い起用法をとっています。

チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
67 71 3.75 1 93
チーム防御率 規定投球回人数 中継ぎ最多登板数
69 66 3.55 1 79

上がスタミナ温存、下がおまかせです。
わざわざ先発の数を減らす期間を設けたのに、
規定に乗った人が減ったのは気になりますが、
この結果を見ても、おまかせはそこそこ安定するのではないでしょうか。
少なくとも地雷ではないはず。

 

絶対的なエースがいる場合は完投にして引っ張り、
スタミナBの準エースはおまかせ
スタミナDCレベルの人間はスタミナ温存、
という起用はそこそこ使えるのではないでしょうか。

もちろん、先に書いた通り、起用法は人によりチームによりさまざまですが
少なくともおまかせは地雷ではないという事は、お伝えしておきます。